SEO対策 Category

コアウェブバイタルがSEOランキング要因になりますが、ウェブバイタルズのひとつである「LCP」の関連で、サイトの表示速度をいかに高速化するかに関心が集まっています。

このサイトの高速化には、レンタルサーバーのスペックや広告関連のスクリプト、あるいは画像サイズなどが関係してきますが、リソースのダウンロードサイズをいかに削減するかが重要なポイントとなります。

・広告関連のスクリプト
・サードパーティーのスクリプト
・画像
・ウェブフォント
・HTMLやCSSのファイル容量(※ミニファイ化)

このなかで、ウェブフォントはなしで済まそうと思えば、無しでも特に問題はありません。デフォルトのメイリオなどのフォントでも機能しますし、むしろ使用していないサイトも多いかと思います。

もしくは、MacとWindowsで標準インストールされている游ゴシックを使用する選択肢もあります。

逆に、使おうとすれば、おおむね500KB~1,000KB程度のダウンロードサイズを消費する形になってしまいます。

個人的には、サイドのダウンロードサイズは多くても2,000KBまで、できれば、1,000KB以内に抑えないと表示が重くなると感じています。

これが、ウェブフォントを使用すると、これだけで1,000KBを超えてくるケースも多いです。画像やHTMLファイル、各種の広告スクリプトも含めるとおおむね2,000KBは超えてくるものと思います。

ここまで大きくなると、LCPの関係上、ウェブフォントの使用を断念せざるを得なくなるかもしれません。

ただ、当サイト運営者はウェブフォントを個別サブセット化することでLCPに対応することにしました。サブセット化した場合、ウェブフォントのサイズが200KB程度に収まるため、少し大きめの画像1枚分程度で済むことになります。

これだと、Adsenseで自動広告などを使用していたとしても、おおむねサイト全体で800KB以内、おおくても1000KB程度に収めることができます。

LCPの関連でウェブフォントがネックになっている方は、サブセット化も検討されてみるとよいでしょう。

SEO対策においては被リンクの獲得が重要になりますが、オーソリティーサイトからリンクをもらうと検索順位が上昇するといわれています。

逆にいえば、リンク元のオーソリティー性が重要になるわけですが、オーソリティーであるならば、最低限、そのサイトにはアクセス数が発生していることが絶対条件となります。そのため、アクセス数の全くないサイトから被リンクを受けていてもあまり意味がありません。

また「被リンク=アクセス数」の関係において、そもそもアクセス数の少ない状態では被リンクの発生しようがないという原因もあります。

人はリンクをする際、そのページを認識していなければなりませんが、そもそも検索結果で表示されていない状態では認識のしようがありません。

つまり、検索結果で上位表示されるからリンクされるのであり、月間10万ページビュー程度でもあれば、黙っていても月に100本、200本程度の被リンクは増えていくものです。

富める者はますます富み、貧しきものはますます貧しくなる、インターネットはそういった悪循環の仕組みになっているわけです。

それではどうすればよいのかといえば、最低限、ある程度のページビュー数が発生するまでは自力でそこまで持っていかないと、検索経由のアクセス数自体が発生しないという状況に陥ってしまいます。

ただし、一旦、上位に表示されれば、そのあとのサイト運営は比較的、楽になっていくものと思います。

個人的には、この負の悪循環を止めるためにも、検索アルゴリズムにおいて補正すべきと考えていますが、現状では上位表示したもの勝ちの状態になっているものと思います。

LCPとCLSを比較

|

コアウェブバイタルに関する指標に「LCP」と「CLS」がありますが、今回はこの二つを比較してみたいと思います。

・LCP(Largest Contentful Paint)
・CLS(Cumulative Layout Shift)

なぜ、LCPとCLSを比較するのかでいえば、この二つは「P」と「S」の違いしかなく非常に紛らわしいからです。

ページスピードの方はLCPだっけ?CLSだっけ?と迷うことも多いため、このふたつの違いを理解しておくことをおすすめします。

このLCPの「P」は「Paint」のPになりますが、ファーストビューの一番大きなコンテンツを表示(paint)するのに要する時間のことを指しています。

そのため、LCPは時間の秒を意味する指標になりますが、この数値が長いとなかなかページが表示されないため、ページエクスペリエンスが低下してしまいます。

できるだけ、短時間で表示されるように改善する必要がありますが、具体的には画像やスクリプト、フォントなどのリソースのダウンロード時間を短くするのが効果的かと思われます。

そして、このダウンロード時間を短くするには、リソースのデータサイズを縮小するのが効果があります。画像を圧縮して容量を削減したり、フォントをサブセット化したり、あるいは使用していないスクリプトを削除するとよいでしょう。

このLCPの次に、CLSが出てくるわけですが、こちらは「Cumulative Layout Shift」、つまり累積のレイアウトシフトのことを意味しています。

ページを表示してレンダリングされた後、コンテンツが移動してシフトすることがありますが、これには様々な要因が考えられます。概ね、ブラウザが再計算した結果、再度レンダリングしなおす際に位置がずれてしまうことが多いと感じています。

仮に、「不安定な表示面積」が全体の30%で「0.3」、その「移動距離」が50%で「0.5」だった場合、0.3×0.5で0.15という値が出てきます。

これがレイアウトシフトスコアと呼ばれるものですが、一般的にはCLSが0.1以下であることが良好とされています。

おおむね、画像などが大きくシフトする際はスコアが悪くなるかと思いますが、widthやheight属性を設定しておけば、それほど大きくシフトすることはありません。

LCPが時間の値で理解しやすいのに対し、CLSはインパクト的な測定値になるため、どちらかといえば、CLSの方が難解かもしれません。

最近では巨大な広告が表示されるケースもありますが、その際にレイアウトが大きくずれるサイトもあり、そのようなサイトは今後、検索ではヒットしづらくなる可能性があるかもしれません。

おおむね、「LCP」と「CLS」は以上のような概念になりますが、これらはLighthouseなどのツールで数値として測定可能なため、一度、検証されてみることをおすすめします。

  • 1