ホームページは静的なウェブサイトに最適

|
情報サイトを構築する際、当サイトのようなCMSを利用すると更新するのが非常に楽です。
けれども、特に更新することのないようなコンテンツ内容の場合は、やはりホームページ形式で作成するのが最適かと思われます。

ホームページの場合、トップページなどの導入部分からメインコンテンツへ誘導し、そこから何らかの商品やサービス購入へと筋道をつけてサイトを作成できます。
それに対して、ウェブログでのサイト構築の場合は、ページ間の関連性を保つことが難しくなりますが、最新情報を公開するのには適しています。

静的なサイトというと、動的にページが生成されるものに対する用語として持ちいれられることが多いですが、個人的にはコンテンツ内容に変化が少ないという意味で、私の場合は用いたりしています。

ただ、静的なサイトも動的なサイトも、どちらもそれぞれに利点があるわけですので、それらを組み合わせた形で構築されているケースも多いのです。
企業サイトなどを見てみると、ホームページのディレクトリ下にウェブログなどが設置されているタイプが多いですが、そのような動と静を組み合わせた形が一番効率のよいものといえるのではないでしょうか。