Recently in レンタルサーバ Category

SEO目的でバックリンクサイトを作成する場合、レンタルサーバーとドメインが大量に必要になってきます。
これは、被リンクサイトの質がドメイン数とip数に深いかかわりがあるからなのですが、同一のドメインやipアドレスの同じサーバーからリンクを貼ったとしても被リンクサイトとしての効果はよくありません。

SEO効果の高い被リンクサイトを構築するためには、良質なドメインを複数取得し、それぞれのドメインを違うサーバーで使用するということが重要なポイントとなってくるわけです。
ただ、それぞれのドメインごとにレンタルサーバーを契約したとすると費用対コストの面で非常に効率の悪いものとなってしまいます。

そこでマルチドメイン対応の格安レンタルサーバーを契約することをおすすめします。
格安レンタルサーバーはどこがいいのか?

数百円程度の複数の独自ドメインを設定できるレンタルサーバーを契約して、ipアドレスが重複しないように工夫しながらリンクを貼っていくというものです。

また、できればMTなどのCMSを構築できるサーバーを選択すると、サイトの更新もしやすくなります。
被リンクサイトとして機能させるには、ある程度の更新頻度とページボリュームが必要になってくるものですので、ホームページのような静的なウェブサイトで作成するよりも、定期的に更新できるタイプのツールを使用した方が断然便利です。

中古などを購入するのでない場合、ドメインの方はだいたいの価格は決まっているものですが、レンタルサーバーの価格はピンキリですので、自分にあったサーバーを選択するようにしましょう。
SEO対策にする人にとってのレンタルサーバーの確保と独自ドメインの取得は、通常のホームページ作成の場合とは多少異なっています。
一般的には、被リンクサイト、あるいはバックリンクサイトの構築をすることに主眼を置いているケースが多く、優良な独自ドメインを取得したのち、複数のことなるIPアドレスでウェブサイトを作成していくという手法が多いわけです。
http://www.ingenihosting.com/seo.html

そうした場合、多数のIPアドレスの確保ということが重要な要素となってくるわけですが、これを格安レンタルサーバーのみでやろうとすると数的に無理だ出て来るわけですので、それ専門のホスティングサービスを利用するという手法になっていくのではないかと思われます。

SEO対策者にとって一番難しいのは、コンテンツや優良な独自ドメインの取得というよりも、どちらかというとこのIpアドレスの異なるレンタルサーバーの確保ということになるわけです。
ただ、レンタルサーバーによっては、マルチドメイン対応を利用できる面もありますので、複数のサイトを構築すればするほど、費用対効果のメリットは大きくなってくるものと思われます。

この点、サーバーの分散のみならず、収益源の分散という点に関しても配慮していくべきなのではないでしょうか。その際にも、カテゴリの同一のウェブサイトを運営していく方が得られるメリットは大きいものと思われます。
お盆休み中にいろいろとメールをいただいていたようなのですが、そちらのメール対応を完了させてきました。一人でサイト運営をしていますと、メール対応の部分でいかに時間を省くかが重要な要素となってきます。
私の場合、1日に20通程度のメール対応ではありますが、文字数になおしますとけっこうな量となるのです。
内容はレビュー掲載や広告単価の交渉、税金関連の対応、あるいは訪問者からのご質問など多岐にわたるのですが、ウェブサイトがひとつ完成するぐらいの手間がかかってしまいます。

この点、メールの間合いというのがあるわけでして、ワンテンポおいてから送信しようという方も多いかと思います。これはこれで友人関係でしたら、そういう間合いも大切かと思いますが、仕事上では瞬時に返答するのが一番ではないでしょうか。
私の場合、いちいち間合いを考えていたら手間がかかってしょうがないので、一律で即時対応を心がけておりまして、30秒程度で返信できればと考えている次第です。

不意をつかれた内容ですと、しばらく考慮する期間というのが必要なわけですが、たいていの場合、自分のテリトリーでしたらあらかじめ想定できるケースが多いです。

このサイトは上位表示されたから、広告掲載の依頼がそろそろ来るだろうけれども、この条件以下ならきっぱり断ろうというようなことはあらかじめ考えておく必要があるかと思います。
来てから考えるのではなく、来る前にあらかじめ想定しておく。
そうすると30秒程度での即時返答も可能になるわけなのです。
ホスティング関連の費用とドメインの費用を比較しますと、最近はドメイン関連の出費が大幅を多くなってきております。これは優良な中古ドメインを取得するのに、1個数万円の費用がかかるからなのですが、実はつい先日も5万円を出費してドメインを取得してきた次第なのです。

どうも、記憶のなかでは、ドメインは取れるときにとっておいた方がよいというイメージがございまして、ページランク5~6程度のものに関しては、多少、価格が高くなったとしても、無理をして取得するようにしています。

そうなると不思議なもので、レンタルサーバーにももっとお金をかけるべきではないかという気持ちになってくるものです。
既に十分なサーバー数は保有しているのですが、もっともっとの法則でどんどんお金を使う方向、使う方向へと進んで行ってしまいます。

ただ、管理しきれないもの、使いもしないものというのは、持っていてもあまり良いことはありません。ゴミ屋敷などもそうですが、必要のないものをため込むことによってマイナスの波動が出てきてしまうらしいのです。
また、飲食店などでもよく見かける手法なのですが、わざと店舗スペースを少なくすることにより、行列ができるお店のふいんきを作り出し、人気店として運営されているケースもあります。

つまり、十分なスペースということよりも、狭いスペースでぎゅうぎゅう詰めにして回していった方がかえって儲かるということがあるわけです。もちろん、ネット上のレンタルサーバーについてもいえるかどうかはわかりませんが、必要以上のものを持ち始めたときに衰退がはじまるという法則がありますので、できるだけ今あるものを十分に活用していく方法を探っていきたいと思います。
レンタルサーバーを契約する際、業界のシェアを比較してみることをおすすめします。
手元にデータがないので、実際の数字についてはわかりませんが、大手ではさくらやGMO、あるいはベットなどの会社がありますが、それぞれのグループによって特色があります。利用している管理ソフトや価格帯、あるいはドメインサービスとの関連性など、運営会社によっての個性があるので、その評判などをまずはチェックしてみるとよいでしょう。

一般的に、中小企業のサービスの質が低いようにも見られがちですが、必ずしもそうでもなく、大手の方がかえって使いづらいケースも多いです。ただ、スペック的な面からいうと、やはり大きな会社が運営している方がリソース的な部分や安全性といった面では充実している傾向があります。

これはおそらく、設備投資にかけられる資金面での違いということになるかもしれませんが、その一方、ユーザビリティーの面での細かい配慮という点でいえば、中小規模の会社に利点があるように感じています。

特に、合併によってグループ化している企業の場合、名前は違っていても、実質的にはどれも同じというケースもありますので、実際にさまざまなサーバーを契約されることをおすすめします。
ウェブサイト運営が順調に推移してきますと、次に出てくるのは税金関連の悩みが出てくるものと思います。昨日から確定申告の受付がはじまっておりますが、納税については比較的大きな試練になるかと思うのですが、メンタル的に克服するのはけっこうムズカシイ傾向があるようです。

それもそのはず、年間所得で1800万円を超えた場合には、国税、住民税あわせて50%を超えるわけですので、1年の半分、つまり1月~6月までは税金のために働くことになってしまうわけです。アフィリエイトでこつこつお小遣い稼ぎをして、特別単価などをもらったとしましても、通常報酬よりも大幅に下回ってしまうことになるのです。

つまり、ある一定の収益、おそらくは1千万円程度までは努力と報酬がほぼ比例関係にあるわけですが、それ以上になってくると、努力をしてもしなくてもあまり変わらない、労力に見合った収入が発生しない、いわゆる「のれんに腕おし」ともいえる奇妙な状態になってしまうわけなのです。

もちろん、50%というのは現在の日本の最高税率なので、それ以上の億単位までつきぬけてしまえば、また、比例関係に戻るわけですが、この「のれんに腕押し状態」を乗り切るまでが、アフィリエイターにとっての最大の山場ともいえるでしょう。

この間にやる気がなくなり、モチベーションを維持できずに減収の方向に向かってしまう人、あるいは税金の安い株取引にのめり込む方もいらっしゃるでしょうし、もしくは世をすねて脱税を画策する方もいらっしゃるかもしれません。あるいは、法人化をして失敗する人、または現実逃避でゲームにのめり込む人、旅に出る人などさまざまです。

ただ、税金は決まっているものである以上、払わなくてはいけないわけですので、ウダウダいっても仕方がありません。そこで、効率よくサイト運営していくことが必要になっていくわけですが、サイト運営の規模を大きくすることによって、ある程度の効率化が可能になるものと思われます。

税金で大半を取られてしまうのであれば、その分、サイト運営の規模を拡大して経費として計上し、大規模化をした方がメリットが多いわけです。その際に基本的な経費となるのが、ドメインやサーバー費用、あるいはコンテンツの外注費といえるでしょう。

特に、ドメインとレンタルサーバーの費用はサイト運営に必須の要素になりますので、大量に確保しておいてもよいかと思われます。ドメインの場合、1個で何万円もする優良なものも多いですが、レンタルサーバーの場合、国内だけを考えても、せいぜい100ぐらいなものと思いますので、全部を借りてしまってもそれほど大した費用にはなりません。

レンタルサーバー費用については、特に考えずに、借りれるだけ借りてしまった方がよいものと思われます。
SEO対策でIP分散サーバーを利用している方も多いと思いますが、逆にペナルティーのきっかけになるケースが多いものと思われます。

例えば、100IPアドレスとか用意するのかもしれませんが、IP分散に特化したサーバーというのは、サーバーがダウンしますと一気に100本の被リンクが消失してしまうわけです。さらに、数日でサーバー障害が復活した際には、また一気に100本の被リンクが増加してしまうことになります。

検索エンジンは急激な被リンクの増減には敏感ですので、これでペナルティーを食らい、永久にペナルティーがかかり、全てがおじゃんになる危険性が常に存在しています。そのような意味で、IPアドレス分散がうんぬんと言っているSEO業者に依頼する際には注意した方がよいでしょう。

そもそも、そのようなIP分散用のサイトというのはペラいサイトばかりですので、その辺で売っている記事を購入してきて、中古ドメインを使用しているケースが多いものです。

ネット上で上位表示されているサイトを確認してみますと、そのような方法で上位表示されているケースが未だにかなり多い状況ですので、まだ有効といえば有効なのかもしれませんが、リスクの高いSEO対策と考えておいた方がよいでしょう。

もし、そのようなサイト運営にかける時間と費用があるならば、運営するサイト数は少なくても、こつこつとコンテンツを構築していった方がはるかに効率的といえるかもしれません。

About this Archive

This page is a archive of recent entries in the レンタルサーバ category.

ドメイン is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

レンタルサーバ: Monthly Archives