良質なドメインの取得がSEO対策の鍵

|
昨今のSEO対策事情を俯瞰してみますに、やはり、内部リンク的な要素よりも外部的な被リンクの要因が重要なポイントとなってきているわけですが、なるべく良質なドメインからのリンクを獲得するということが、検索エンジン対策の鍵となってきているわけです。

一見してみると、100本のリンクより10000本のリンクがあった方がSEO効果が高いと思われる傾向にあるかもしれませんが、決してそうではありません。
100本程度、もしくはそれ以下であったとしても、品質の高いドメインからのリンクを獲得することで検索エンジンの上位表示が可能になるわけなのです。

ただ、ここでいつも問題となってくるのは、どのようにして良質なサイトからの被リンクを獲得するかということになるわけですが、個人的にはやはり、良質なウェブサイトを自分で構築してそこからリンクするのが一番いいと思うわけなのです。
その際にも、できるだけ良質なドメインを取得するのが重要なポイントとなってきます。

品質をはかるひとつの指標としてはページランクというのがありますが、最低でも2、できれば4~6程度のドメインを取得してウェブ作成をめざすべきでしょう。
そのような意味において、昨今のSEO対策における内部要素的な位置づけは下落し、今後は外部要因、なかでもドメインの品質という面がより重要性をおびてくるのではないかと予測しております。